花嫁の疑問は単に疑うに値するものではないようです!

花嫁の前は

このことを考えて、女はすぐに変更を加え、電話で男との位置情報を教えてくれたが、その後女は颯太の外観が暗いと感じたようだった。わかりました、私は15分で着きます。その後、男は電話を切った。女も電話を取り、颯太を振り返って、以前電話で中断されていた問題を続けようとしました。
彼ですか?
女は話す時間がなかった、颯太は最初に開いた女を見ていました。原因
彼はやってきたい?
私は女のために颯太を見る、これ
良い
どういう意味ですか?彼は男が来るのを待っていますか?これが何をするつもりですか、戦争を宣言する?彼女の予想とどう違うのですか?


どういう意味ですか?

「なぜ、あなたは彼を私たちに会わせるために連れてこないのですか。あなたの親友として、もちろん私たちはあなたの世話をしなければなりません!」
朱子子がこれらの言葉を言ったとき、彼の口はわずかに上向きに、ほんの微笑みながら上がった、それはそれは本当にとても見栄えがよくないです。詳細は同じではありませんが、それは同じ目標ですが、女は颯太を見ました。男が来た後、それは何に発展するのでしょうか?しかし、女は想像するのに長い時間を持っていなかった、男は非常に時間厳守だった、それは電話をダイヤルした後、それは本当に15分だった、15分を言った。

もともと、男は一人でやって来ることができましたが、女は彼をドアで迎えに行くことを主張しました、しかし、彼は機会があるかどうか知りたいと思って、男とここで状況を説明しました。女が起きてレストランから出るのを見た後、颯太は女と男がお金を持ってくるのを見るまで女をフォローしていた。静かで調和のとれた絵が颯太の心をより輝かせました。颯太はそれを認めたくなかったので、現時点では彼は女とその男が非常に価値があると実際に一瞬感じました!彼はあの男と比較できますか?
男がレストランの入り口に立ち上がるのを待っていたとき、彼は少し驚きましたが、女と一緒に入ったとき、婚約者の結婚相手は予想外にも腕を組んでいました、男の驚きともっとしかし、颯真が座っているのを見たとき、または女の表情を見た颯真の体の横にいる男が答えを得たようだったときに、数点を悪化させました。彼は次の盾になったと思われる!しかし、彼女の女性の桃の花は非常に繁栄しているようです!このように考えて、男は女を見て、そして彼は少し深く笑った。
女は、男の笑顔を自然に見て、また彼の目の中で深い意味を見ていましたが、しばらくの間、男を持っている手を緩めるのは恥ずかしいと思いました。彼が手を取り、腰を取り、そして彼を見たとき、彼は疑いの目で男を見ました。男は女に振り返って弱い見せを見せていない、これはあなたが望むものではありません!女と男の間のアイコンタクトは、颯真と婚約者の結衣の眉毛のようです。颯真は少し驚いています女と男の感情はとてもよく発達したようです!颯太、それは結露の目が2つを見つめていたのですが、私の心の中では、それは少し悲しみです。こんにちは、私は颯太の悲しみと悲しみで、颯太は立ち上がり、男に向かって右手を広げました。
男はその音を聞き、颯太を見て彼の手を伸ばしてすぐに女から視線を外した。

グーユーヘン
男の声は颯太の好意のようには聞こえないが、それは彼が人々を尊重していないと人々に感じさせない。
結婚相手は大和のようには見えませんでした。
 

結婚相手が新郎の言葉を聞いたとき

私を見て、私はあなたを紹介するのを忘れました!遊陳、これは琉生です、あなたはすでにこれを見ている、これは颯太です、彼らは私の親友です、拓真、結衣、これは男です!颯太と男はすでに名前を報告していますが、女は自分自身を紹介したいと思っていますが、颯真と男がすでにそれを見ていると聞いたとき、颯太は颯真を見始めました。彼が知るべき最後の一人です!私は口からそれを聞いた。煜辰二つの言葉、男は突然彼の心に少し感じているようだ、彼は女が男氏を呼んだ、男を聞いた、そして女が彼の名前で彼を指名することさえさえ聞いたが煜辰二つの言葉、彼はムハンマドから聞いたのは初めてでした。シーンは少し特別なようですが、私は男がこの気持ちが好きだと言わなければなりません。
「小樽の世話をしてくれてありがとう。また将来、私は小樽の世話をするつもりだと信じてください!」

女とは異なり、男は長い間悠真と呼ばれていましたが、他の人の耳に耳を傾けることもまた別の気持ちです。琉生は女と男の間の感情的な発達をため息をつき続けました、しかし、彼女の心の大部分はまだ颯太にあります。女は何も感じませんでした、結局、悠真という名前は男の口から聞いたのは初めてではありませんでした。そして颯太は、男の口から口を聞いています小畜舎ふたつの言葉、目は風邪、名前、そしてふたつの間の関係の親密さを示すのにちょうど十分なふたつの間の動きとアイコンタクト。
「どうやって私たちを信じさせるのですか?」

男でも、婚約者の結衣の第一印象は優勢でしたが、彼のアイデンティティはまた颯太を彼に対する敵意に満ちたものにしました。銃口を奪った!たとえそうだとしても、女は彼のものではありませんでした。


彼の言葉がしばらく終わった後、男は颯太悠真の笑顔を見て反応するように見えるまであなたの幸せな男の目は婚約者の結衣の顔に立ち往生しています。
あなたは何を笑っていますか?
もともと、私は男がどんな答えを彼に与えたとしても、彼は男に反論する言い訳を見つけるだろうと思いました、しかし男が時間内に彼の質問に答えなかっただけでなく笑いました。この人は何を笑っているのですか?
 

花嫁です。

さて、そのようなシーンでは、男の行動はやや不合理であるように思われますが、あなたがスナックを使う限り、あなたは最初の機会が失われたと感じることができますそれはやや不安定な颯太と思われます。男は同じ場所にしっかりと立っていた、そして颯太は熱心にせずに質問をし始めた。しかし、現時点では、颯太はそのような変化を感じず、男を見て男の答えを待っていたので、男の談話に抜け穴があると考えていました。
男のこの突然の出現、どのように女は本当に本当であることができます、それはどのように女と本当に深い感情を持つことができましたか?彼は女の親友であり、最も称賛されている人なので、彼は女を見て立ち往生してはいけません!はい、それです!すでに結婚している場合それは結婚が関係しているからです。もっと慎重になるべきですね。
「私はちょうどあなたの質問に答える方法を疑問に思いました!」
男は、話す前に女を振り返り、女も彼を見ていましたが、颯太の言葉を聞いたので、どう答えるか知りたかったのです。
「なぜ、あなたは罪を犯さないのですか?」

颯太はそのような見方をして、男を見て、そしてその後女を見て、そして女にこの人の本当の顔をよく見させようと思った!
「小樽の世話をすることは日々の献身であり、1、2文章で説明できるものではありません。だから信じられなければ、今は信じられません。私は男だとしか言いようがありません。約束は決して守られていません。」

放棄する

この言葉は、男の体には現れたことがなく、女と共に夫と妻になることを決心したので、将来的には彼女と同居することを決心し、賞賛を放棄する日はないでしょう。女が現在彼の男の妻になっているので、女は彼の人生の責任となっているので、彼は自然に彼女の世話をして彼女を愛します!この時点で、男は誰に約束する必要はなく、誰にでも信じさせるために大きな注意を払う必要はありません。もしあなたが颯太と颯真が女の親友であることをまだ知らないならば、私は男がこれまで辛抱強くこの問題を説明しないことを恐れています。

颯太は男がこれを言うことを期待していなかった、しかし男の言葉に異議を唱える言い訳はなかった、そう!男が女には良くないことを彼はどのように知っていましたか?
「あなたがこれを言ったので、あなたは誓うことを敢えてしますか?あなたが悠真を悲しくて悲しくするようなことを決してしないことを誓い、そして決して彼女に悪いことをしないでしょうか?」
結衣陽翔が颯太を見たとき、私は颯太が結婚相手のに多少絡み合っているように見えた、そして男はこれを初めて見たわけではないが、男の家族については特にはっきりしなかったが彼らの目の前の男の気質は普通の人のようではありません。


結婚相手は大和のようには見えませんでした。 結婚相手は大和のようには見えませんでした。 女は少し時間がかかりましたが

結婚相手が新郎を尋問していたようなもので

花嫁の寧の事務所から女を見たが

しかし、男について話すとき、彼女は彼女について多くのことを知っています、しかし男の彼女の理解はまだかなり小さいです!男がスタートアップであることを知っていることに加えて、彼は何も知らないようで、男の会社名でさえどこにも知られていません。
「忘れて、また別の日に聞いてください」
とにかく、男はその日、彼女が彼が何であるか知りたいのであれば、ただ直接彼に尋ねてください!仕事の最後の数分で私が動けなくなったとき、私はカードを打って会社に入り、女はほっとしました、その結果、彼女はただ席に座り、誰かが彼女を呼んでいるという声を聞きました。過去を見てください。

「ねえディレクター、あなたは私を探していますか?」
女が振り向くとすぐに、彼女は部門の部長が彼女の後ろに立っているのを見ました、湊。
「まあ、私と一緒に事務所に来なさい」
その後、湊は最初に向きを変えて事務所に向かって歩いた。自然はすぐに湊の足跡をたどり、湊が何を求めなければならないのかわかりませんでしたが、彼女は当然小さなインターンとして従順でした。
「女、あなたはしばらくの間私たちの部でインターンシップをしてきました!」

女が彼のオフィスに湊を追いかけて座った後、湊は女を見て尋ねた。

ああ、ディレクター、それはほぼ1ヶ月です。結局、1ヶ月近くここにいたが、ほとんどの場合、彼女は全員を助けているようだ。。少し言うのはよくありません、それは単なるミックスです。彼女はまだ大学を卒業していない学生だと言ったことはありませんが、この間、彼女は自分の学部についてよく知っているので、誰でもエリートパーソンと見なすことができます。それ!
「正式計画への参加に関心はありますか?」

女は不信で湊を見上げ、彼女の心にも疑問を抱いていました。女が位置する場所は婚約者の結婚相手の中核部署計画部署で、会社のすべての広告プロジェクトはこの部署によって計画されており、午前中に部署に来たい人は多くのインターンシップを受けることができます。心、私はこの立場を得た。彼女は、これらの経験豊かな高齢者と仕事をする機会を得るためにはまだ長い経験時間が必要だと考えましたが、彼らの部長湊が現時点で彼女を捨てるとは思っていませんでした。オリーブの枝!
彼は会社のゼネラルマネージャーでした。
 

あなたはそのような日があると考えるべきです!

「現時点では、部門内の同僚があなたをよく評価しています。サイズに関係なく、あなたに割り当てられたタスクは非常にうまくいくことができます。元の履歴書を読み、この機会を与えたいと思います。喜んでではない?」
どうしてそれが欲しくないのですか?女が把握するのに良くないならば、そのような良い機会は、彼女が彼女自身を許すことはないでしょう!湊との会話を終えた後、女は基本的に彼女の席に戻って浮かびました。しかし、女の不安定さの小さな気分はすぐに中断されました。携帯電話に表示された颯真の電話を見ると、女の心はかすかに圧倒されました。琉生が昨夜去ったときの状況について考えて、今彼女に電話をしてください、そして私は間違いなく昨日の後に何が起こったのか尋ねたいと思います。しかし、彼女と男が昨日結婚したことを颯真に伝えましょう!


なに、あなたは結婚していますか?それにもかかわらず、颯真の電話では女はまだ電話を取ることができず、さらに颯真と結婚するつもりはなかったので、颯真に話す方法を考えただけではなかったのです。電話がはっきりしないことを心配して、女は夜に約束をし、そして颯真と夕食をとり、そして2日について彼女に言った。

幸いなことに、湊の監督は女にすばらしいニュースを以前にもたらしたが、女に今日重要な仕事を始めさせるつもりはなかったが、仕事の時間の後、女は颯真と会うために急いだ。いい場所です。
あなたは何を結婚しましたか。
女の結婚について聞いた直後、颯真はショックを受けて叫び、彼女の口を賞賛することを怖がっていた。
「おばあちゃん、ここでの公の場、穏やかで、元気です!」
颯真が持っていた音は実際にはそうではありませんでした、そして女は他の誰かの目が彼らによって見られたとさえ感じました。
「どうすれば私を落ち着かせることができますか。そのような素晴らしいニュースで、あなたは私にうそをつくことはありません!」
結局のところ、彼女は昨日女にのみ会い、女は彼女に結婚したと今日彼女に言いましたが、颯真はそれを信じませんでした。女は首を横に振った、
 

結婚式を開く。

「どうしてそんなことであなたにうそをつくのですか、私は病気ではありません!」

「あなたは病気ではありませんが、あなたは盲目にされていないのではないかと恐れています。あなたはだまされています!あなたは誰と結婚していますか。私はあなたと結婚することを敢えてと言うことを敢えてしなさい!」
彼が女に向かって彼の拳を伸ばしたとしても、女のペアが彼女が本当に思ったと言ったなら、颯真は言いました、彼女の拳は女に保存されて、落下することができました。
「もちろんそうではありません、あなたはその人を知っています。」

知ってる?
颯真が自分自身について聞いたとき、彼はすぐに女に関連しているかもしれない彼の心の中で男を捜しました。

「大翔に刺激されることはないでしょう。誰かを見つけてください。」

「それではない、昨日それを見ました!」

「昨日?昨日に加えてあなたに会ったことがあるよ、悠真、そうそう、ふたつのハンサムな男がいるのよね、お前は言いません、あなたは結婚しているのですか?」

颯真は言った、昨日素晴らしい外観を見た若者のことを考えて、脳の内側が光った。しかし、この世界は本当にとても素晴らしいのでしょうか。彼女はまた昨日、結婚相手のとその男性と結婚しましたが、今日、女は彼女にその人と結婚したと伝えました。
うん

琉生がついに推測したことを見て、女はうなずいた。琉生は頷いた女を見ました、そして、彼の顔さえかすかに恥ずかしがり屋でした、そしてそれは広い目でした。彼女が逃したことを彼女に言うことができる神は、昨日の食事が、このグーシャオと共に発展したということではありませんか?
「さて、今、あなたと男について教えてください。私はすべてを知りたいのです!」
颯真はまっすぐに座り、女の答えを待って、真面目に女を見ました。女は白顔で婚約者の拓真を見ました、しかし、婚約者の男結婚相手の、彼女はまだ颯真に言いました、彼女と男の間のカップルは、彼女に言いました。
「それで、あなたと男は、二度だけ見て、二度食べて、そして結婚証明書を渡しました。昨日の午後から今朝まで、あなたは結婚許可証を受けました。両親、一緒に寝るプロセスを参照してください。」

女の言葉を聞いた後、颯真は少しそれの面倒を見ました、そして彼の喉を飲み込んだ後、彼は彼自身の要約を作りました。信じられないほどのものを除いて、女の視線を見ると、残りは礼拝の意味だけです。
「これはベッドで眠っている、私は言った、いいえ、彼は昨日部屋で寝た」
たとえあなたがあなたと一緒にベッドを持っていなくても、女のクラスメートたちはあなたの知らないことです、あなたのこの振る舞いはとても恐ろしいですか?これは単に正しい結婚です!私は長年あなたを知っています、私はそれについて考えたことはありません、あなたは実際にフラッシュ結婚のようなことをすることができます!

「考えていなかったことはたくさんありますが、悪くはありません!」
それはまた真実です、しかし悠真、あなたは本当に確かです、あなたはこのように彼と結婚するでしょう、あなたはそれを後悔しないのですか?


彼は会社のゼネラルマネージャーでした。 婚約指輪の作成期間は? 彼は会社のゼネラルマネージャーでした。

自分の顔を打つことができます!

結婚相手は女を見ました

龍之介が、彼女が相手方にとても不可解に嫌われていると言ったのは本当ですか?彼女、これは無邪気です!しかし、無実に戻ることはありません、女はまだ静かに周結婚相手が彼女に与えた情報を見始めました。彼女ができるだけ早く現状を変えたいのなら、彼女にできることは、全員に自分の能力を証明してもらうことです。

あなたの能力があなたが受ける治療に正比例するとき、この不可解な憎しみは終わらせることができるはずです!ちょうど今、私は知らない、彼女があまりにも簡単に考えることがいくつかある!翌日は、読書資料、会議、および執筆資料に加えて、女はいつでも飲めるには忙しすぎたため、ランチでも幸運に溢れていて、彼女がそれを持ってくるのを助けました。女が減速したのは、作業時間の終わりまでではありませんでした。しかし、彼女は、現時点でこの日の失敗が終わっていないことを期待していませんでした。その背後には、彼女を待っていることがもっとたくさんあります!


彼女を手放す!女が仕事を終えた後、彼は周囲の同僚が基本的に仕事から降りていたことを発見しました、そしてそれはもう勤務時間からもうしばらくの間でした。

幸いなことに、女は、今日は残業する可能性があると推測したときにすでに男にテキストメッセージを送信していました。そうでなければ、男が昨日と同じであるならば、彼が仕事の後彼女を迎えに来るとき、彼は今まで会社の外で待つつもりではないでしょうか?物をいっぱいにして、女も会社を辞めました。忙しくて忙しいですが、この日、女は非常に充実した気分になります、そして、彼女は同じく彼女の心の中でそのような創造的な仕事が好きです!
女が階段を降りていたときに彼が残業のために会社にとどまったときでさえ、彼の顔は微笑んでいました。この人が自分の会社の玄関に立っている理由を誰に教えてもらえますか。会社のドアから出て、タクシーを止めるために道路に行く準備ができている、女は誰かが彼女を呼んでいるのを聞いたようです。振り返ってみると、女は大翔が会社のドアの端に立っているのを見ました。ここ数日は行っていませんが、最後に凝縮した玄に大翔を見たのですが、女はたくさんのことを経験したような気がします、ちょうど大翔が女の前に現れるのを見て、彼女の心は多かれ少なかれまだ少し不快です。
後者のこと
 

女と男が入った後

大翔が彼女に不快な言葉を言った後、なぜ今回は彼女を見つけるために来ているのですか?彼は彼女に少し平和を与えることができませんか?
「ああ、私はあなたのために特にここに来ました、私はあなたがこの会社でインターンであることを知っています!」
大翔は、女のこの会社でのインターンシップは難しいことではないことを認識しています。
「あなたは私と関係がありますか?、私が言ったこと、私が最後にそれをはっきりと言ったのを覚えています。私たちの間で私たちと会う必要はないようです!」

恋人になることができず、友達になることができる人のために、女は決して同意しない、大翔の隣に悠真がまだいる、彼女が気にしなくても、悠真が彼女に全体を与えることを恐れている。いくつかの問題を解決しましょう。
「ああ、あなたは本当にこのように私と話さなければなりませんか?」
その日に戻ってから、大翔の心はいつも女と男のシーンを見せてくれましたが、男の登場は彼に大きなプレッシャーを感じさせました。飛んで、それは誰かが彼の持ち物のために戦っているようです!
「私たちの現在の関係では、このように私に電話してはいけません。私のフルネームに電話してください。」

悠真の名前は、大翔の口から女によって言及されていても、少し厄介です。この男、なぜ悠真に忠実であること、そして彼女の側にこのようなことを言うことは可能です!

は実際には大翔によって隠されすぎているか、または彼女の目はひどすぎる!
ああ、私は結婚しています!
大翔は、女が積極的に彼を見ていないことに気づき、この文章をため息をついて言いました。確かに、大翔の言葉が終わったとき、彼は女が彼を見上げているのを見ました、そして、彼の顔は信じられないほどでした。大翔の心はようやく良くなった、そして女はまだとても賞賛されていた。
おお、おめでとう

しかし、颯真が期待していなかったのは、女が驚いただけで、それから彼が祝福の言葉を言うのを見ながら、彼の顔に笑顔が現れたということでした。大翔は、女が心から彼を心から祝福しているとは信じておらず、彼の顔に笑顔があっても、女が笑っていると感じました。悠真、申し訳ありませんが、それから私は私が欲しいものを手に入れることができますし、それから私は十分に高いポジションを持つことができます。見て!私の心の中では、あなたはいつも違っていました、それが唯一のものです!女は大翔を信じられないほど見ました。彼が他の誰かと結婚したいと言ったらどうやって彼女に言うのですか。そして彼女に数年間彼を待たせてください。彼は人々の気持ちがどんなものであるかです!
 

元のグー・ユチェンはまだ起きて何か食べたいと思っていました。

大翔が何も持っていなくても、彼女が望んでいるのはこれらのことではありません。たとえ彼らが裕福になることができなくても、彼らの能力に頼ることで、彼らは確かに良い人生を送ることができるだろうと彼女は信じています!
「あなたを待っていますか?シェン飛陽、どうして私はあなたを待っていなければならないと思いますか?あなたが離婚して数年後に私に戻るのを待っていますか?」
女はその瞬間を一度も経験したことがなく、大翔は非常に見づらいと感じていました。

「ああ、あなたは私のことを私の心に抱いている、私の心に抱いていることを知っている、しかし私は私の努力をしている。私は私の人生に何も持ちたくない!なぜあなたは私を理解できない!」
大翔はどこを離れて感心しましたか、そして女は振り向いたとき、彼は女の腕をしっかりつかみ、彼女が去るのを止めました。
あなたは私を手放す!
女は彼女の手を開いて、彼女の手を握って望んでいますが、結局、彼女は女性です、大翔は非常に力を入れました、どうやって彼女はそれほど簡単に脱却できますか。
手放すな、約束しない、手放すな

シェンヤン、私はあなたに言う、不可能、あなたは死んでいる!それは数年であることは言うまでもありません、一日は不可能です!あなたはあなたが望むものを追求しようとしていますが、それは私とは関係ありません!それ以降は、私をからめないようにしてください。行こう!気質はよく、今では大翔には本当にいらいらしていますし、話す声も大声で大声で話していますまだ大翔はまだ手を握っていますが、このような賞賛を見ています。しかし、これは神聖な声であり、大翔の耳に現れるもう一つの声であり、彼が引っ張っていたという熱意もまた力で引き離され、そして彼の腕も同時に開かれた。
彼女を手放す!

大翔は少し気絶して、そして安定した体型の後に、彼が彼と女の隣にいつ立ったかを知らなかったことを彼は見ました。この時、女も男に引っ張られ、彼は彼から直接守られました大翔は過去をこのように見ていました、しかし、それは男の女の体のようでした。
大丈夫ですか?
男が大翔の側から女を救助した後、彼は初めて女の状況を見始め、そして彼の目には他に類のない懸念がありました。


女の手首を大翔に捕らえさせるという彼女の決断の代わりに、男の心配した目を見た後、女は彼をそれ以上心配したくないと思い、首を横に振った。
お元気ですか?
彼女は彼が今日彼女を迎えに行くのに慣れていなかったと彼に明確に言いました、そしてまた彼は同意しました、それがここにどのように現れることができますか?


後者のこと 婚姻に行きました。 花嫁のアシスタント