彼らは手を放すのを嫌がっていたようで

新婚旅行

もし彼が今日やって来なければ、女は会社で残業していたのかもしれない、そして男は少し不幸だった。この女の子、自分の世話をするのは残念ですか?それで、彼はちょうど彼女が時間通りに食べなかったので怒ったのですか?女は男を見ました、そして、彼女の心は信じられないほどでした。
男と結婚し、彼女はもともとこの人は自分が嫌いではないと思っていました。彼女は元気になることができるはずですが、最近では男は彼女に気持ちを与えてくれました。女が疑いを持ち始めたほど良いことでさえ、男、それでは、なぜ彼女は彼女を見つけたのですか?彼はまた彼が妻を必要としていると言ったが、彼の状態では、おそらく彼がどんな種類の女性を見つけたいのか、それを見つけることができるはずです!
グーユーヘン
女は時々彼の心の中に何かを隠したくないときに彼は男を見ると直接彼の口を開けます。

うん?

「あなたは誰にでもとてもいいですか?」

男は古き良き男性だから、彼は彼女をそんなに気にするのだろうか?そうでなければ、女は本当に男が彼女にとってとても良いのか本当に考えていませんでした。しかし、私が男について考えるとき、私が誰であるかに関係なく、私はとても寒くて暖かいでしょう、そして私は私が少し不快を感じるように私は理解できないと感じます。前を運転していた結愛は女の言葉を聞き、彼が今何も飲まなかったことを非常に嬉しく思いました。彼らの妻は実際に彼らの家族は皆、天国にとても良いと言っています、彼は彼らの家族に会ったことがない、男は他の人々にとても良いです!彼らの妻は例外の一つですが、この例外は現時点では気づいていません。
「なぜあなたは尋ねているのですか?」
男は結愛を見て、すぐに収束するよう結婚相手のを誘発しました。
「他に、なぜあなたは私の残業に気を配ることさえできますか?」

龍之介が婚約者の結婚相手の考えに行き着かなかったことは信じられないことのようです。彼女がそれを信じていないわけではありません。女は龍之介悠真に微笑み、それからノートブックを開いて作業を開始しましたワークロードが非常に大きいので、どうやって彼女は時間を遅らせ続けることができます!結局、それはデータに没頭していました、そしてそれは鐘の輪によって起こされました。彼が見上げるとすぐに、女は職場に一人しか残っていないことを知りました。一方の側で携帯電話を取った後、女は上記の発信者オブジェクトを見ましたが、それは彼女の新しい夫男でした。


午前中に車が広告事務所ビルの下に停車するのは確実ではありませんが、後部座席に座っている男はすぐにバスから降りず、建物の他の階を見上げました。運転席の結愛は、男が何を見ているのかを自然に知っています、
「郭少、女性はまだ残業しているようです!」
結婚相手は、男がうなずき、視線を取り戻し、携帯電話を取り出し、女の携帯電話番号を呼び出し、電話をかけた。しばらくの間電話がオンになった後、男はすぐに女の声を聞きました、そしてキーボードでタイプする音があるように見えました。

「こんにちは、男、私は午前中にあなたに話しませんでした、私は今日残業しなければなりません、あなたは私について心配する必要はありません、私はすぐに戻ります。」
女さんが電話につながった後、彼女は男さんにそれを説明しました、そして、彼女は明らかにまだ忙しかったです。しかし、陽翔が言ったこと、男は気にしませんでした。

「たとえあなたが残業をしたいのであれば、あなたは最初に食べなければなりません。私はあなたが階下で待っています。」
ああ、あなたは私を気にしないで、私は自分で食べに行きます、そして私は一人で家に帰ります。
「二階に行って迎えに来ても構わない」
女の言葉が終わっていないとき、彼は男の声が再び来るのを聞きました。男は、彼女がしゃがまないのであれば、彼は人々を捕まえるためにやってくるのだろうか?良い覇権!
しかし、女氏は、男氏が悪意のある人物ではないことを知っています。それを考えた後、女は男に彼女を捕まえてほしくないという理由だけで妥協することを決心させた、しかし彼女は本当に空腹だった。
さて、私はすぐに来ます
電話を切った後、女はものを詰め込みました、そしてところで、データの半分はバッグに詰め込まれました。

結婚してこの機会にどうぞ。

しばらく戻って来られなければ彼女は家に帰って夜もやり続けることができると思いました。現時点では、女は、彼女の前任者が彼女の決定によってどのように決定されたかを知りませんでした。女は荷物を床に運び、事務所ビルの外に出て、車が外に停車するのを見て、まっすぐ歩いた。

はチューユエがミュユへの扉を開くために降りるまで待ちません、そして、ミュユは直接後部座席を引っ張ってそして座ります。
「私を迎えに行かないのはいいことじゃない、どうしてあなたはまだやってくるの?」
女が座った後、彼は隣にある男を見ました、彼は彼女が途中でそれを信じていないだろうと言いました彼女はすでに仕事の時間を過ぎていることは明らかです。

「そんなこと言わないで、夕食に連れていって」
男が話し終わった後、彼は結婚相手のにうなずき、結愛はすぐに車を発売しました。
「オーケー、ありがとう。でも、来なければ、遅すぎることや、おなかがすいていて、すごくお腹がすいていることに気づいていないよ」

女は、彼女が彼女の胃に触れると言いました、そして、彼女の胃はちょうどよいタイミングで叫びました。そして、赤みのバーストを引き起こしました。女の文章が完成しなかったとき、男の顔は少し変わったので、男は女の胃の声に気づかなかった。女が胃の恥ずかしい感情のために減速したとき、彼が男を見たとき、彼は男がたくさんの黒い顔をしているのを見ました。
何が悪いの?
彼女がバスに乗ったとき、それはまだ良くなかった、どうして彼女は彼女の顔をこんなに早く変えたのか?誰が彼を怒らせましたか?
「将来、残業をしたいのなら、まず食べなければならない」

もし彼が今日やって来なければ、女は会社で残業していたのかもしれない、そして男は少し不幸だった。この女の子、自分の世話をするのは残念ですか?それで、彼はちょうど彼女が時間通りに食べなかったので怒ったのですか?女は男を見ました、そして、彼女の心は信じられないほどでした。
男と結婚し、彼女はもともとこの人は自分が嫌いではないと思っていました。彼女は元気になることができるはずですが、最近では男は彼女に気持ちを与えてくれました。女が疑いを持ち始めたほど良いことでさえ、男、それでは、なぜ彼女は彼女を見つけたのですか?彼はまた彼が妻を必要としていると言ったが、彼の状態では、おそらく彼がどんな種類の女性を見つけたいのか、それを見つけることができるはずです!
グーユーヘン
女は時々彼の心の中に何かを隠したくないときに彼は男を見ると直接彼の口を開けます。

うん?

「あなたは誰にでもとてもいいですか?」

男は古き良き男性だから、彼は彼女をそんなに気にするのだろうか?そうでなければ、女は本当に男が彼女にとってとても良いのか本当に考えていませんでした。しかし、私が男について考えるとき、私が誰であるかに関係なく、私はとても寒くて暖かいでしょう、そして私は私が少し不快を感じるように私は理解できないと感じます。前を運転していた結愛は女の言葉を聞き、彼が今何も飲まなかったことを非常に嬉しく思いました。彼らの妻は実際に彼らの家族は皆、天国にとても良いと言っています、彼は彼らの家族に会ったことがない、男は他の人々にとても良いです!彼らの妻は例外の一つですが、この例外は現時点では気づいていません。
「なぜあなたは尋ねているのですか?」
男は結愛を見て、すぐに収束するよう結婚相手のを誘発しました。
「他に、なぜあなたは私の残業に気を配ることさえできますか?」

彼の家族は約束できますか?

女は結愛の反応に気付かなかった、そして当然男のトーンの異常に気付かなかった。
「私は妻を大事にしています。これに何か問題はありますか?」
こんにちは、女の行動は停滞しており、妻の男を気にしています、これは彼女について話しているのですか?
彼が見上げるとすぐに、女は男が深い視線で自分自身を見ているのを見ました。おお、それは何も悪いことではないようです、彼女はばかです、どうして私はそのような質問をすることができます!
「マダム、男があなた以外の他の人々のことを気にしていないことを安心することができる!」
今度は、目の前に座っていたチュー・ユエがそれを聞くことができませんでした。
「ムー、今回は本当に本当です。私は自分の口を取るのを待つことができません。それは恥ずべき顔です。」

私はそれについて心配しなかった、ムハオはささやきました、彼の顔は赤く光り始めました。それはちょうど彼女のささやきでした、しかしそれはそんなに静かではありませんでした、少なくとも彼女の隣に座っている男は完全に聞こえました。

この新しい小さなゴキブリのせいで、男は突然微笑み、そして彼の顔の表情もやさしくて優しくなりました。
「あなたは安心することはできませんが、心配しないでください。結局のところ、私は妻にだけ善をするでしょう!」
男のこの文は徹夜で女が赤い顔を着るのを許した、彼が食事をしている時でさえも、彼は夕食の皿に入るのを嫌う状態にあった。

夕食が終わるまで、彼女は男によって家に連れ戻され、女は無視したことを思い出しました。


変わった雰囲気
「さて、どうしてあなたは私を連れ戻したのでしょう、私はまだ私の仕事を終えていません!」

明日の朝に届けられる報告書は完成していないと思います、そしてその時私は叱られるかもしれません。この時、女も、彼が前もって準備してくれて嬉しく思い始めました、そして、半完成品は今彼女のバッグに入っています!したがって、女は、男の研究室に向かって歩いている間、自分のバッグを持ってあまり気にしない、と男に述べた。女の表情であなたの研究を借用して研究の裏側に入り、男はそれについて考え始めました、この傾向によると、彼の研究、それは拡大されるべきですか?


以前のようにパニックに陥ることはありませんでした。 結婚相手はゴシップで 結婚相手はゴシップで