ラオは蘇家龍の心の中心であり

結婚証明書を渡すことさえできますそして今それは厄介です。

何故印象がなかったのですか?女は頭をノックしましたが、覚えていないようでした。それは彼女が眠りに落ちたことであり、そして寝室で自分自身を見いだしそして首尾よくベッドに横たわるだろうか?
ああ
女が頭痛を抱えていた、そしてドアがノックされた、すぐに男の声が入ってきた。
「起きなさい、ただ朝食に出かけなさい。」
ああ、朝食?女は心に精神を感じ、ベッドの上の時計を見るようになった。。実は今度はどうやって起きることができますか?男が彼女に電話をかけてきたのは不思議ではありません。この時期には、まだ検討すべき時間がまだたくさんあります。すぐに片付けをして服を着替えた後、私は階下にまっすぐ行きました。
申し訳ありませんが、私は寝過ごしました、私は昨日午前中に彼女が朝食を作ったと言った、そして彼女は最初の日に寝坊したと彼女は故意に朝食を作りたくないとは思わなかった!
「さあ、さもなければ仕事に遅刻するべきだ」
男はすでにテーブルの上に用意されている朝食を指摘し、女の謝罪を無視した。もちろん、彼は女が遅く起きたこと、新しいベッドサイドの目覚まし時計、または調整した時間であることを知っていますが、彼は女をしばらくの間眠らせたかったのです!女はまだどこにいてもゆっくりと朝食を食べて食べる心を持っていたのですが、男の顔は変わったようで、女はすぐに座って朝食を取ったが、速度は通常より速かった。たくさんあります。

以前は彼が一人で仕事をしていた場所でしたが、将来的にはもっと仲間が増えそうだと思いました。微笑み、男は当分の間女を気にしていなかった、彼女を仕事に行かせ、そして部屋に戻った。寝る前に、男は夜に戻ってきたら勉強部屋から出てこないと思い、ドアを開けて階下に行きました。案の定、次の階の男は、研究のランプがまだついていることに気付いた、この少女、こんなに遅くまで仕事に忙しくないでしょうか?今日終わらなければならないほど重要なことはありますか。このように考えて、男は研究に行きました、しかし彼が研究の扉を開いたとき、彼は内部の賞賛を怖がらないためにまだ行動を少し遅くしました。
しかし、誰が彼にドアを開けた後、なぜテーブルの上に女の絵が何であるかを彼に言うことができますか?コンピュータの電源は入ったままで、数枚の情報でさえテーブルの上に散らばっています。明らかに、女はデータを整理する過程であまりにも疲れていたので、彼はテーブルの上で眠りに落ちました。テーブルの上で女の眠っている顔を見ると、男の頭脳がデータを読みながらあくびをしながら突然突然女を思い付きました。無力です。女の側に近づく、男はただ目を覚ますことを望んだが、突然行動を止めた。コンピュータはまだ電源が入っています、私は女が眠りについたばかりで、長い間忙しかったことを恐れています、彼女は本当に疲れていると推定されます。

目を覚ますことを望んでいた手を取り戻した後、男はテーブルの上のいくつかの情報を拾い上げて、そしてそれを見てみました。振り返ってコンピューターに表示されたものを見て、男の外観はさらに醜いです。女は入社したばかりのインターンですが、彼が手にしたものの作業負荷は明らかに数時間で完成できるインターンではないので、男の頭脳の居場所を推測するのは難しくありません。これは殺された女性です。賞賛するのが難しい人に関しては、男はもっと推測する必要はありません、彼が知りたい限り、明日他のパーティーの情報は彼の机に置かれることができるでしょう。

それは男がそれを見てテーブルの上にしゃがんだということだけです眠るのはちょっと不快なようですが、私は自分自身の考えを持っていません。彼の手に情報を書き留めて、男は女の側に数歩歩き、そして少し下に曲がり、そして彼は女を王女から抱きしめた。女は男の腕の中に倒れたが、わずかに苦労したが目覚めなかった彼は横たわっていた場所よりも男の腕のほうがはるかに快適で、さらに戸惑い、より快適な姿勢を見つけたようだ。ムハオが姿勢を調整して動かなくなった後、彼は立ち上がって抱きしめました。彼は研究から出て上の階の部屋まで歩いた。

とても疲れないでください!

女をベッドの上に置いてキルトを覆っていた男はすぐに去らず、まだベッドのそばに立って女を見ていた。そんなこと、彼は今までやったことがない。女が腕の中に横たわっていたとき、男は女の体が軽すぎても軽すぎても感じなかったし、まったく重い気持ちを感じていなかった。今、ベッドの上に立って、女の睡眠を見て、男はそれが非常に面白いように思われると感じます。女の眠りに、それはもう少しかわいい、肌もピンクと柔らかいです、男を参照して、さらにいくつかは手を差し伸べると切手を突くことを望んでいるようです。
太郎、よく眠れ!

男はようやく角を助けるために顔をつつくことを望んでいるという行動をやめ、主寝室を去りました。しかし、寝室を出た後、男は自分の部屋に戻らず、階段を下りて研究に戻った。叮铃………警報ベルが鳴り、驚いたとき、私はベッドから起き上がって起き上がることを計画しました。ああ、いや。女の動きが聞こえた。眠くなったかのように、彼女はしばらく寝ることを計画していたかのように、彼女は昨夜研究室で働いていませんでした…その後、彼女はもうそれを思い出すことができませんでした。

何故印象がなかったのですか?女は頭をノックしましたが、覚えていないようでした。それは彼女が眠りに落ちたことであり、そして寝室で自分自身を見いだしそして首尾よくベッドに横たわるだろうか?
ああ
女が頭痛を抱えていた、そしてドアがノックされた、すぐに男の声が入ってきた。
「起きなさい、ただ朝食に出かけなさい。」
ああ、朝食?女は心に精神を感じ、ベッドの上の時計を見るようになった。。実は今度はどうやって起きることができますか?男が彼女に電話をかけてきたのは不思議ではありません。この時期には、まだ検討すべき時間がまだたくさんあります。すぐに片付けをして服を着替えた後、私は階下にまっすぐ行きました。
申し訳ありませんが、私は寝過ごしました、私は昨日午前中に彼女が朝食を作ったと言った、そして彼女は最初の日に寝坊したと彼女は故意に朝食を作りたくないとは思わなかった!
「さあ、さもなければ仕事に遅刻するべきだ」
男はすでにテーブルの上に用意されている朝食を指摘し、女の謝罪を無視した。もちろん、彼は女が遅く起きたこと、新しいベッドサイドの目覚まし時計、または調整した時間であることを知っていますが、彼は女をしばらくの間眠らせたかったのです!女はまだどこにいてもゆっくりと朝食を食べて食べる心を持っていたのですが、男の顔は変わったようで、女はすぐに座って朝食を取ったが、速度は通常より速かった。たくさんあります。

他の変更はありませんでした。

急いでいる間ずっと、女はようやく勤務時間の前に会社のドアに駆けつけました。しかし、女が安堵のため息をついて、今日会社の雰囲気を発見し始めるのはそれほど遅くない。


ビッグボス登場何が悪いのかというと、女はしばらくの間それを言うことができず、会社に入ったばかりで、雰囲気全体が彼女に感じを与える、それは通常とは多少異なるようです。それは少し敵に似ているようです!
「ムーウェイ、なぜあなたはまだここに立っているのですか、準備を急がないでください!」
女は心に疑問を抱いていた、自然に歩く速度が遅くなった彼の姿勢に到達していなかったとき、彼は彼の頭の後ろから軽くたたいた。
あなたは何をするつもりですか?
何かが本当に起こったようですが、彼女はそれを知りませんでした!

「ああ、わかりません。今日、当社の新しいビッグボスが検査に来ていると聞きました。当社はそのボスを変更して以来、私たちは誰にも会ったことがないようです。私たちは時間の経過とともにそれを忘れています。別のボスがいる!おお、しかしあなたが来る前にそれほど長くはかからなかった。これらのことははっきりしないそして普通である!」

李威の言うことを聞いて、女の心はちょっとした考えであり、彼女が会社に最初に到着したとき、彼女はまた会社の紹介を読みました。結婚相手の広告は長くはなく、もともとその創造性で有名な小さな広告会社で、半年前に結婚相手の陽翔に買収されただけで、結婚相手の陽翔の子会社となりました。結婚相手の陽翔のリソースの影響で、朝の広告は自然に増えていますが、半年では大規模な広告会社にも成長し、業界での地位は徐々に強固になりました。
しかし、翼グループのビッグボスは非常に不思議であると言われています、ユニバースグループの上級メンバーを除いて、部外者はそれに精通していませんビッグビッグボスはめったに外でさえ見られず、外部インタビューにはあまり受け入れられません。婚約者の結婚相手のような新しく買収された会社に関しては、それは大ボスによってパトロールされたことは一度もありません。しかし、今日の状況を見ると、これはついに朝に現れる不思議な大ボスですか?このように考えると、女は少し興奮しました。


彼は女の夫であることを紹介しました! 彼らは手を放すのを嫌がっていたようで 花嫁添人を連れてこれを男に言いましたが