あなたは約束できますか

結婚相手がバスから降りるのを待たずに

シェンヤンは権力の地位を追求するためにいくつかのことをあきらめることができますが、結局のところ、まだ人の自尊心がまだあります。彼が女と颯真が彼の前に現れるのを見るまで、彼は悠真が彼に与えることができるすべての当惑を必要とするという理由で、我慢してください。私が女を見た瞬間に、彼は突然彼の心に満足のバーストを感じ、女が間違いなく彼の結婚式に来ることを知っていました。このような快適さが大翔の心をより良くしています。
ああ、どうぞ
シェンヤンの顔は微笑みに満ちていて、ミュウに向かって少し一歩も進んだが、それは無言の彼の言葉への反応を待っていたのではなかった。大翔と女の間のポジションをブロック

男は彼女が仕事から迎えに来ると言っているのではなく、彼女がやることを言っていないので、大翔は結婚式に出席するように招待し、男はそれを知っていると述べました。男がこのことを覚えているのかもしれません、彼は仕事の後で彼女を迎えに行った後に、それはこの問題のためであると言った?颯真との通話が終了した後、女は自分のものをまとめて会社を辞めました。事務所ビルのドアから出たところで、私は身近な車が外に停車しているのを見た。
女は車に近づき、結愛が運転席から降りて女に向かったのを見た。

親水新


スラグ男子の結婚式では、招待状に書かれた名前の前にあるホテルを手に見て、蘇家友はその賞賛を見ました。
「ああ、私たちはここにいる、あなたは準備ができていますか?」
到着する前に、颯真はこの結婚式で女のパフォーマンスをとても楽しみにしていました、しかし彼女はまた女が結婚式に来たことを知っていました、そして彼女の心は多かれ少なかれ不快でした。

女が本当に参加したくない場合は、彼女はしぶしぶ賞賛することはありません、彼女は女をサポートするだけです。したがって、もし女が彼女が準備ができていないと答えたならば、彼女は確かに悲しみなしで引き返すでしょう。女は颯真に戻って微笑んだ、彼らはまだ準備ができていなかった、そしてこれ以外に、準備する必要がある何か他にありますか?この結婚式に出席するための心理的準備に関しては、女はすでにうまくいっています。この結婚式は過去から彼女の人生の証人となり、それ以降、この人である大翔は本当に彼女の世界から完全に姿を消すでしょう!彼女はもう気にしません!
行け!

この文を終えた後、女は見上げて頭を向け、颯真は正面のホテルに向かって歩いた。そこには、大翔と悠真が結婚式を開く場所があります。婚約者の婚約者の結婚相手は、婚約者のAで最も豪華なホテルの1つと言えるでしょう。ここで開催できる結婚式は基本的に豪華ではありません。愛梨がこの結婚式を重視しているのは確かに非常に高いようです。
大翔と悠真に精通している人々は、大翔の家族の条件を知っているので、そのような豪華な結婚式はもちろん、最も一般的な結婚式でさえも持ち出すことができないかもしれません。夏の娘である悠真の身分と重要性を示すために、悠真は故意に雰囲気を醸し出していると言えるでしょう。この結婚式についてのすべては夏嘉の手によるものです。しかし、このすべてのために、女は気にしませんでした、結婚式がどんなに豪華であっても、悠真が支払ったものに関係なく、彼女は興味を持っていませんでした。これらは彼女とは何の関係もありません、そうではありません!彼らがドアに着くと、女と颯真の歩みは止まりました。

女はそう言っていた。

琉生はホテルの入り口でホテルを歓迎していたフロントドレス、悠真と大翔を見て、それからいくつかの心配をして女を見に向きを変えました。彼女と女が前進しているかどうかを誰が知っているのでしょう、悠真はどんな蛾をも引き起こすでしょう!大翔もあり、明らかに他の女性と結婚しなければならない、そしてそれでもあなたは何をしたいのですか。颯真は、大翔が女の眼を見て目を凝視しているのを見ましたが、これは彼の心の軽蔑であり、この人は単なる恥知らずです。この二人を見た後は、女結婚相手はとても硬かった。彼女は二人の男が外で歓迎することを期待していなかった、そして彼らが彼らの結婚式を見る前に彼らは彼らに直面することができないだろうと思った!
行け!

とにかく、人々は来ました、そしてこの時点で後退して、それは彼女の賞賛のスタイルではありません。さらに、彼女は逃げる必要はありませんね。招待状は大翔によって彼女に与えられ、結婚式も彼女によって招待されました!たとえあなたが頭痛を抱えていても、頭痛は彼女の称賛ではなく、彼らであるべきです!シア・マンニのゲストの外にある大翔の心はやや寛容ではありませんでしたが、結局のところ、彼らはここに立っていたので、基本的にはシアジアに向けられていました。何千もの金、いかに楽々と、人生の頂点に足を踏み入れました。

シェンヤンは権力の地位を追求するためにいくつかのことをあきらめることができますが、結局のところ、まだ人の自尊心がまだあります。彼が女と颯真が彼の前に現れるのを見るまで、彼は悠真が彼に与えることができるすべての当惑を必要とするという理由で、我慢してください。私が女を見た瞬間に、彼は突然彼の心に満足のバーストを感じ、女が間違いなく彼の結婚式に来ることを知っていました。このような快適さが大翔の心をより良くしています。
ああ、どうぞ
シェンヤンの顔は微笑みに満ちていて、ミュウに向かって少し一歩も進んだが、それは無言の彼の言葉への反応を待っていたのではなかった。大翔と女の間のポジションをブロック

婚約者の女の髪をなでるゆっくり言った。

「女、あなたは来ています。私はまだあなたが来ないことを心配しています。あなたがあなたの祝福を得ることができないなら、私は確かに結婚相手のでそれを後悔するでしょう。」
シア・マンニは、話しながら、シェン・イーヤンの腕に手を伸ばし、シェン・フェイヤンの体にしっかりとしがみついたと述べ、ム・ウェイを見たデモ隊も何人かいた。女は彼の前で主権の宣誓をしていた悠真を見て、彼を見て自分の大翔を見たが、彼は微笑んだが、女だけがこの笑顔が中にあることを知っていた。なにか。
「それはありますか?あなたは私をとても歓迎しているので、なぜあなたは私が直接ここに行くのを妨げているのですか?」

女は元々、大翔と悠真が自分の目の前でドレスアップしているのを見たときに不快に感じると思いましたが、現在、二人の人が彼女の前にいるのを見て、彼女の心の罪悪感は完全に不快を超えました。悠真が大翔が彼女に近づくのを阻止したときでさえ、彼女はまだいくつかの秘密の悲鳴を彼女の心の中に持っていました。何年もの感情の後、この男は実際にあきらめてあきらめるように言った!この結婚式は、彼女は止めることができない、和解していない場合でも、彼女は再びそれを望んでいないでしょう、彼女の男をあきらめ、止めることを考えていませんでした!しかし、颯真は正しい、なぜ彼女は彼らをそんなに心地良くさせなければならない!

もともと女の前で自慢して見せたかった悠真は、目的が達成されなかったとは思わず、女の言葉に直接殴打され、顔の表情が突然ぎこちなく見えた。しかし、女は同じように見えませんでした、そして彼の前に二人、特に大翔を静かに見ました。彼が女によって見られたとき、大翔の心は当惑した気持ちに満ちていました。悠真が大翔の姿を見て、彼女の心は突然引き締まり、大翔が自分に向かって一歩踏み出し、自分自身が一歩前進して女と大翔の真ん中をブロックした。それらの間に視線を広げた。
「それはどのように可能です、あなたは私たちの結婚式に来ることができます、もちろん、ようこそ、どうぞ!」

夏マンニは、彼女がホテルの宴会場に入ることを身振りで示す間、言葉はエクスポートされていた、彼女はムハオを止めることができなかった、彼女は言うまでもなく、彼女はムハオを見続けることを望みませんでした、そして大翔にフォローアップをしたくありません話す機会です。悠真は、今日の賞賛が彼女のいつもの賞賛とは非常に異なるようだといつも感じています。

「うわー、私はそれを間違って読まなかった。入ったばかりの女性は今シーズンの結婚相手の限定版を着ていた!神よ、私は実際にここでM限定版を見ました!」

「いいえ、あなたはそれを誤解しませんでした。それは結婚相手の限定版です!それは買うのに十分なお金ではありません!」
感心した人々はまだ宴会場に入っていません、そして、彼らがまれに何かを見たかのように興奮して、女の姿を見て来た二人の女性が続きます。


しかし、すでに宴会場に入っていた観客の反応は気づかなかったが、客を迎えた悠真は気づいた。
結婚相手の限定版!彼女が女を見ただけで、何か問題があると感じたのも無理はありません。結婚相手の限定版スカート、しかし彼女は結婚式でそれを常に買いたかった、しかし彼女はそれを買うことができなかった、しかし彼女は彼女がいつも貧しい酸味と見なされる悲しみによって身に着けられることを考えなかった!


ラオは蘇家龍の心の中心であり 花嫁添人を連れてこれを男に言いましたが 彼は女の夫であることを紹介しました!